うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

プラス思考とマイナス思考の名言、あなたはどちらに共感しますか?

meigen
世の中には、プラス思考の人間とマイナス思考の人間がいます。
まずはプラス思考とマイナス思考の名言をお伝えします。
あなたはどちらに共感しますか?
【プラス思考で有名な言葉】
●成功するには成功するまで決して諦めないことだ
(アンドリュー・カーネギー)
●私は10回に9回は失敗することに気づいた。だから、10倍働いた
(バーナード・ショー)
●僕が知っているドーピングはただひとつ、「努力」だけです
(ロベルト・バッジョ)
●障害は不便ですが、不幸ではありません
(ヘレン・ケラー)
では、次にマイナス思考はどうでしょうか。
【マイナス思考での名言(迷言)】
●とりあえず生きればいいんですか?
●生きる理由:特になし 死ぬ理由:特になし
●夢は覚めるから夢です。現実は覚めないから現実です
●約束を守る最上の方法は、決して約束しないことだ
●人が私に同意する時はいつでも、自分が間違っているような気がしてならない
●10億年後には今の全てが無意味
●新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす
プラス思考とマイナス思考、
あなたはどちらの言葉に共感しましたか?
プラス思考の言葉はどれも世界の偉人が自分の体験をもとに
言葉にしたものですから、力があります。
こういった言葉を聞くと前向きな気持ちになる人は多いでしょう。
一方、マイナス思考の言葉も奥深いものがあり、
真実味を感じます。
しかし、今の社会では圧倒的にプラス思考が求められています。
仕事関係、家族関係、友人関係、恋愛関係など、
すべての人間関係でプラス思考が優遇され
マイナス思考は否定されています。
では、マイナス思考は本当にプラス思考に劣っているのでしょうか?
実は、アメリカの心理学者のスペラ博士が、
興味深い実験を行っています。
<実験内容>
リストラで会社をクビになった63名の被験者に、
1日20分間に渡って自分が感じている不満や怒りを口に出させた。
不平不満を表に出さなかった人と比べて違いはあるか?
実験結果は驚くもので、
不満や怒りを口にした人は、なにもさせなかった人に比べて
明らかに気持ちが明るくなっていたのです。
さらに、リストラ後の再就職率も不満を口にした人達の方が、
不満を出さなかった人に比べて三倍以上も高い結果になりました。
このように、自分が感じているマイナスの感情を言葉や文字にして
表現することを、「エモーショナル・ディスクロージャー」といいます。
直訳すると、感情を表に出すといった意味になります。
これを行うことで気持ちはスッキリします。
あなたも自分のもっている不満やイライラを人に話して
スッキリしたことがあるんじゃないでしょうか。
これは、マイナス思考の人にとっては朗報ではないでしょうか。
人は、ネガティブな気持ちになることやマイナス思考となることが
必ずあります。
「あの上司ムカつく!」
「あいつに馬鹿にされてイライラした」
なんてことを考えてしまった場合、
プラス思考至上主義からは
こんなことを考えてはいけないとされてしまいます。
しかし、エモーショナル・ディスクロージャーの考えからすると
マイナス感情ははき出した方が良い結果につながりやすいのです。
良い結果につながるなら、マイナス思考でもいいじゃないですか。
不平・不満・マイナス感情ははき出しましょう。
話を聞いてくれる人がいるならその人が引かない程度に、
吐き出したいときに周りに人がいなければ、
文字にするなり独り言でもいいんです。
ただし、ノート数十冊のマイナス発言メモや、
夜な夜な呪文のようにマイナス感情を吐き出していると
周りに誤解されてしまいます。
実践するときは、自己責任でお願いしますね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける