うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

月曜日になると会社に行くのがおっくうになるあなた、コレをやっていると逆効果ですよ!

monday
あなたは、嫌なことや面倒なことが目の前にあるとき、
どうやって立ち向かいますか?
「気合いで乗り切る」
これは、一部の人を除いて効果的です。
ハンマー投げの選手や剣道をやっている人なんかは
気合いを声に出すことによってパフォーマンスを向上させています。
気合いを入れることによって能力が強化されるというのは、
心理学的にも運動学的にも証明されています。
そのため、嫌なことや面倒なことでも
気合いで乗り切るというのは有効な手段なのです。
しかし、うつ病者や気持ちが落ちている人に対しては
逆効果となってしまいます。
なぜなら、
気合いを入れることで強化されるのは
心理的に強く思っている部分だからです。
どういうことか説明します。
例えば、1億円の契約をかけてお客さんと交渉中だったとします。
「何としても契約をとってきてやる」という気持ちで気合いを入れた場合は、
あなたのパフォーマンスは上がることでしょう。
しかし、「こんな大きな仕事、俺には無理だ。誰か代わってくれないかな」
という気持ちが強いと、気合いを入れたとしても「俺には無理だ」という
気持ちが強化されてしまうのです。
つまり、「気合いを入れる」という行為は心で強く望んでいることが強化されるため、
「仕事をがんばるぞ!」と気合いを入れても仕事に対して否定的な気持ちが
大きいと否定的な感情が強化されてしまうのです。
気合いと入れるという行為は、
プラスに働く場合とマイナスに働く場合があることを覚えておいてください。
月曜日になると仕事がおっくうで会社に行きたくない、
という人はたくさんいると思います。
前向きな人の場合、気合いを入れて乗り切るというのは良い方法ですが、
うつ病者や気分が落ち込んでいいる人が無理に気合いを入れると
これから1週間の仕事が始まるというストレスが強くなる可能性があります。
なので、前向きな人以外は気合いを入れるのは止めましょう。
どう対処すればよいかですが、
「とりあえず」
というのがポイントです。
会社に行くのが面倒なら、
とりあえずスーツに着替えて家を出よう。
勉強をしなければいけないのに気分がのらないなら、
とりあえず本を開いてみる。
こういった、とりあえず簡単なことだけやってみるというのが
効果的です。
人間最初の一歩が大変ですが、
一歩踏み出すと後は簡単に進んだりします。
私はブログやメルマガを毎日更新していますが、
ネタがなかったり筆が進まないというのは日常茶飯事です。
でも「とりあえず」書いてます。
一度書き始めると何とかなります。
そんな感じで記事を書いていますので、
過去の記事を読み返すと誤字や脱字がけっこうあります。
しかし気にするのはやめました。
完璧を求めても疲れるだけです。
誤字や脱字があるくらいの方が
人間味があっていいじゃないですか。
(自分で言うのはまずいかもしれませんが)
もしあなたが今つらい思いをしているなら、
全部を完璧にやるのはやめにして
とりあえず出来ることだけやってみてはどうでしょうか?
多分何とかなりますよ。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける