うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病者のための「ストレス解消」に効くお勧めな趣味ベスト5

8b3cdc702e2e582656b1d58cc1348bf8_s
仕事や家庭、人間関係でストレスがたまる人、
多いと思います。
ストレスを溜め込みすぎるとうつ病の温床となります。
趣味などでそのストレスを発散できていればよいのですが、
最近は無趣味の人も増えてきているようです。
そこで、今回は無駄にお金をかけず、
一人でもできてストレス解消となる
お勧めの趣味ベスト5を紹介します。
【第5位:ボウリング】
ボウリング場にいくと分かるのですが、
休日でも平日昼間でも意外と人がいます。
ボウリングは想像以上に運動量がありながら急激な心拍数上昇もないため、
運動不足の人がはじめる趣味として良いかと思います。
また、ストライクをとったときの爽快感は
ストレス解消にもってこいです。
【第4位:サイクリング】
見た目以上に運動量があるため、
脂肪燃焼・メタボ解消にもってこいです。
一人で気が向いた時に好きなところに行けるのは
気分が良くなります。
唯一の欠点は自転車の値段が高いことです。
ママチャリならともかく、
クロスバイクやロードレーサーとなると、
軽自動車が買えるようなものまでありますので、
最初は自転車そのものにはこだわりすぎない方がよいかもしれません。
【第3位:ランニング】
黙々とただ走るだけ。
靴などをそろえてしまえばお金がかからないのがメリットです。
宮里は中学生まで毎朝6時に起きて
5㎞ほどランニングしていました。
別にランニングが趣味だったわけではありません。
一回走るごとに100円というお小遣い制だったのです。
おかげで長時間走るのは得意になってしまい、
高校生のときにはフルマラソンを2回完走しています。
ゴール直後に大会員から渡されるオリオンビールが最高でした。
42.195㎞を走りきるという激しい運動をした直後、
しかも未成年にビールを無料で配るという、
今から考えるとすごいマラソン大会でした。
【第2位:カラオケ】
とにかくスッキリします。
最近は一人カラオケも認知されてきたので、
気兼ねなく一人でカラオケに行けます。
大声を出すのがストレス解消につながるだけでなく、
10曲歌うと1㎞走るくらいの運動量になるようで、
運動不足の解消にもつながるかも。
ちなみに、宮里はサラリーマン時代、
ストレスがたまると一人でカラオケに行って叫んでいました。
今でもたまにカラオケに行って数曲歌った後、
ブログやメルマガの記事を書いてたりします。
【第1位:登山】
俗世間から離れて山道をひた歩く。
すごく癒やされます。
ただ、登る山によっては体力的に相当きつく危険も伴うこと、
靴などの登山用品は高い、山までの移動も費用がかかる
ということを理解しておきましょう。
それでも登山はお勧めですよ。
登山は妻の趣味で、
私もそれに付き合ってどこぞの山に時折登っています。
とくに富士山は、一回目が高山病で断念、
二回目は夜に天候があれて2メートル先が見えなくなって断念、
三回目でやっと山頂に着いたときは感動しました。
寒かったのですが、山頂で飲んだコーラの美味しさが忘れられません。
以上が、宮里がうつ病者にお勧めするストレス発散に良い趣味ベスト5でした。
もちろん趣味なので、
正直何でも良いです。
自分にとって時間を忘れるほど没頭できる、
ストレス発散となるものがあればうつ病対策にもってこいです。
ただ、趣味などこれまで楽しめていたことも楽しめなくなる
といったことも、うつ病の症状としてあります。
無理して楽しむ必要はありません。
できることをできるときに。
自然に楽しい事が見つかれば良いですね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける