うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で自ら命を絶った場合、「自殺」と呼ぶべきか?

8829c7f78d4fc5051d8879b059b811fb_s
2014年8月11日、ハリウッドスターのロビン・ウィリアムズが亡くなりました。
スタンダップ・コメディアンとしてスタートしたロビン・ウィリアムズ、
「ミセス・ダウト」や「グッド・ウィル・ハンティング」など
数々の名作に出演し、ハリウッドでは欠かすことのできない俳優の一人でした。
彼は重いうつ病を患っており、
死因はうつ病による自殺と報じられていました。
彼の死を悼むコメントが多数あったのですが、
興味深い記事が一つありました。
うつ病による自殺は「自殺」ではなく「病死」だ
この記事によると、
「うつ病は病気で、その死は病気がもたらしたものなのだから、自殺、と
言わないでほしい。うつ病による死は「病死」としてほしい」
と欠かれています。
また、
「自殺という言葉は嫌いだ。自分を殺す。殺人犯みたいな言い方だ。
なんていじわるで、微塵も思いやりがないんだろう。
その人が一生懸命に、りっぱに生きてきたことを全否定するその言葉。
その人の生前の苦しみも葛藤も、知らん顔して、なんて言葉だ。」
というコメントにとても共感しました。
これまでずっと鬱病で辛い思いをしてきたのに、
自分を殺すということが最後というのはあんまりですよね。
では、鬱病で自ら命を絶ったときには、
「自殺」と呼ばずに「病死」または「自死」と呼ぶべきでしょうか?
かなり悩みましたが、
やはり私は「自殺」と呼ぶべきだと思います。
なぜなら、病死や自死では
自ら命を絶つことへのハードルが下がってしまう気がするからです。
私たちは、人を殺すことは悪いことだということを
みんな知っています。
自分を殺すこともいけないことだと理解しています。
「自殺」という言葉に含まれる「殺」という字は、
容認しがたいイメージをもつ字であると同時に
自ら死を選ぶことを抑制する効果もあると思います。
どんなにつらい思いをしても、
家族は遺族になりたくないのです。
もちろん、家族以外の友人・知人・恋人等もみんな同じです。
自殺を病死・自死と呼べば言葉はやわらかくなるかもしれませんが、
安易に「病死」を選んでしまうことが心配です。
だから私は、これまでどおり自殺は自殺と呼ぶことにします。
最後に、ロビン・ウィリアムズが「いまを生きる」という映画で語った
言葉を紹介します。
”きょうを楽しめ。自分自身の人生を、忘れがたいものにするのだ”
偉大なる俳優、ロビン・ウィリアムズの冥福を祈ります。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける