うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「ホワイトカラー・エグゼンプション」でうつ病者が増加する!?

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s
「残業代ゼロ法案」「過労死促進法案」などと揶揄され
一度は撤回されたホワイトカラー・エグゼンプションですが、
安倍政権の成長戦略の一つとして閣議決定されています。
【ホワイトカラー・エグゼンプションとは】
ホワイトカラー労働者(主に事務に従事する人々を指す職種・労働層)
に対する労働法上の規制を緩和・適用免除すること、またはその制度。
原則1日8時間(週40時間)という労働基準法で定められた労働時間規制を
廃止し、働いた時間の長短に関係なく賃金を支払う仕組み。
長期休暇を取りやすくなるなど柔軟な働き方の拡大が期待される半面、
企業が残業代を支払わなくてよくなるため「サービス残業や長時間労働が増える」
という反発も強い。
このホワイトカラー・エグゼンプションについては、
私も経営者としては賛成ですが、
良く言われているように長時間労働が増加し、
その結果うつ病を発症する人も増える可能性を危惧しています。
サービス残業・長時間労働は労働者に過度の負担を求めるものですが、
それを安易に受け入れてしまうという日本の風土にも問題があります。
長く同じ企業で働き続ける事にも価値があるかと思いますが、
ステップアップのための転職ももう少し認められる社会になると
良いのですが…。
ただ、うつ病に対して企業が恐れているのは、
労災認定・自殺・損害賠償・風評被害といったものです。
もちろん、鬱病となった社員自体も心配しているのでしょうが、
経営者の関心事はやはり会社への損害なのです。
過労死自殺でブラック企業の代名詞となったワタミのようになってしまうと、
風評被害による損失は計り知れず、最悪の場合会社が倒産します。
そうならないよう長時間労働を抑制する会社や
休職制度を充実させる会社も増えてきています。
一方、目先の利益重視でブラック路線を進む会社もあります。
もしあなたの会社がブラック路線を進んでいるのであれば、
ホワイトカラー・エグゼンプションはあなたにとってマイナスとなり、
鬱病発症のリスクを高めるかもしれません。
当分は給与が高い人だけがホワイトカラー・エグゼンプションの対象
となるようですが、人件費削減という目的がある以上、
いづれは高所得者以外にも適用されるかもしれません。
そうならないためにも、
他の会社でも働いていけるスキルを今の内から身につけることを
お勧めします。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける