うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

他人の目が気になるかどうかが分かる心理テスト


2c7f676df67d5b1ff9436d432c04db7f_s
面白い心理テストがありましたので紹介します。
まず、自分の額に人差し指を当てて下さい。
その後、アルファベットの「E」という字を書きましょう。
たったそれだけです。
できましたか?
あなたの書いた「E」は、
次のどちらかになったと思います。
1.外の人から見ても「E」である
2.自分から見て「E」(外からは「ヨ」と見える)である
まず、1の外から見ても「E」という人は
他人からどう見られているかをかなり気にするタイプです。
人のことを気遣ったり配慮したりする能力は高いですが、
その半面周囲を気にしすぎて自分を押さえ込んでしまう部分があります。
そのため、1を選んだ人は自分を抑圧していてストレスを溜め込んでいるかも
しれません。
たまには自己主張するのもよいと思います。
次に、2の自分から見て「E」(外からは「ヨ」と見える)という人は
周囲の目をあまり気にせず思うままに振る舞えるタイプです。
どんなときにも自由に行動できる半面、
周囲からはワガママ・協調性がないと言われることもあります。
そのため、2を選んだ人はときには周りに合わせることを
心がけるとよいでしょう。
多少ストレスがたまるかもしれませんが、知らないうちに周囲を敵にまわして
いると後でもめ事となって返ってくるかもしれないので
円滑な社会生活を送るためにもある程度周囲へ配慮することも有効です。
今回の心理テストは、人の目を気にしやすいかどうかを判別するものですが、
”人は他人の目があることを意識すると模範的になろうとする”
という習性があります。
先ほどのEの心理テストで1の外の人から見ても「E」を選んだ人は
とくにその傾向が強いようです。
なので、1を選んだ人が何かを集中して行いたいとき、
あえて人のいるカフェなんかにいくと作業がはかどるかもしれません。
ただし、うつを発症している人の場合、
人の目が過剰に気になることが多いので無理は禁物です。
駅近の人が多いカフェではなく、
駅から離れた隠れ家的な人の少ないカフェが無難でしょう。
また、静かな図書館なんかもお勧めです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける