うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

非定型うつ病(新型うつ病)、放置すると人格が幼稚化するおそれが!!

945bdb8dd5429dfb1455bd92cb45e967_s
近年、非定型うつ病(新型うつ病)が注目されていますが、
この病気を放置すると人格が変わってしまう危険性がある
ということを知っていますか?
まず、非定型うつ病とはどんな病気かですが、
簡単にまとめると次のような特徴があります。
●趣味などの自分の好きなことに対しては活動的だが、
仕事などの嫌なことに対しては気持ちが落ち込む
●自責感に乏しく、都合の悪いことは他人のせいにしがち
●20代を中心とした若い世代に多い
参考記事:非定型うつ病と通常のうつ病は何が違うの?
この非定型うつ病は、仕事以外の私生活では元気だったり、
休職中にも関わらず旅行に行って楽しんだりできることから
「本当に病気なのか?」
と疑われてしまうこともしばしばあります。
しかし、症状が通常のうつ病と違うだけで
れっきとした病気です。
しかも、非定型うつ病は正しく治療しないで放置しておくと、
非常に危険です。
というのも、放置していると前頭葉の機能が落ちてきて
記憶力や判断力も低下し、悪化すると性格が子どものように幼稚化するなど
人格まで変わってしまうおそれがあるということです。
うつ病もそうですが、
非定型うつ病(新型うつ病)の脳の病気です。
「ちょっと体調悪いだけだ」
「少し休めば良くなるはずだ」
なんて甘く考えるのは危険です。
気分の落ち込みが2週間以上続いているようなら、
心療内科や精神科でしっかりと検査してもらい、
必要なら休養や薬を飲むなどしてください。
どんな病気もそうですが、
早期発見早期治療が結局は一番大切です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける