うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

脳に電極を埋め込むという、うつ病治療があります

29cb314da1dbd4619debca17ec992c0e_s
10人に1人が一生のうちに鬱病にかかるといわれていますが、
うつ病には多種多様な治療法があることも知られています。
投薬治療や心理療法が一般的ですが、
脳に電極を埋め込んで微弱な電流を流すことでうつ病を治療する
「脳深部刺激療法」というものがあります。
ドイツの研究チームが脳深部刺激療法を試したところ、
7人中6人のうつ症状が大きくそして迅速に改善したそうです。
他にも、ハフィントン・ポストのインタビューで、
深部刺激療法による治療を受けたBrandy Ellisさんは
次のようにコメントしています。
”今ではうつ症状も怖くありません。この手術を受けてから、
新しい自分に生まれ変わったみたいです。信念、思考、感情、
すべてが変わりました。今は、自分の価値観に基づいて新しい人生を
作ろうとしています。”
素晴らしい治療法だと思えるこの脳深部刺激療法ですが、
医学的にはなぜ効果があるのかよく分かっていません。
そのため、効果があった研究がある一方、
他の治療と比べて効果はないと否定的な研究もあります。
否定的な意見で一番言われるのが、
手術のリスクが高いということです。
たしかに、脳に穴を空けて電極を埋め込むのですから、
簡単な手術ではありません。
適切な強さの電流を流せるのか、脳の適切な場所に電流を流せるのか、
手術の際に脳に細菌が入ってしまわないか、
などとリスクは少なくありません。
それでも将来的に有望な治療法の1つであることに変わりはありません。
うつ病の場合、ストレスから離れて療養すれば比較的短期間で治る人もいれば、
10年以上薬を飲み続けているのに治らないという人もいます。
すべてのうつ病者に必ず効果があるという治療法は
確立されていないのが現状です。
そのため、長年うつ病で苦しんでいる人にとっては、
脳深部刺激療法のような新しい治療法は大きな希望になるかもしれません。
医学的な効果の検証・実用化・費用など、
課題は山積みですが早くうつ病治療の選択肢の一つとして
確立してほしいものです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける