うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病を発症する直前や初期症状では、感情が不安定になる

766db12db719a35a211dc6e657c8db60_s
ストレスなどにより心のエネルギーが低下していても、
人間の心はすぐに破綻してしまうわけではりません。
ノルアドレナリンを分泌して興奮性を高めて
ストレスに立ち向かうようになります。
ちょうど、ゴムボールを指で押しても
自然に元に戻ろうとする力が働くようなものです。
人間にもストレスに対して対応する力が備わっています。
しかし、それにも限界があり、
限界を超えたときに発症する病気の一つがうつ病なのです。
このうつ病発症の直前期や初期の症状では、感情を調整する機能が落ちています。
そのため、うつ病を発症する前から
情緒不安定になるケースが多く見られるのです。
たとえば、20代から30代の女性の場合、
一番典型的な初期症状は「泣く」というものです。
それも、興奮するなど感情が爆発して泣くのではなく、
涙腺が緩んで無自覚に泣くのです。
他にも、これまで全く気にならなかった日常会話における
愚痴や否定的な言葉にも過剰に反応するようになったり、
過去の嫌な出来事を繰り返し思い出すといったこともあります。
このように、感情をコントロールすることができなくなってくると、
仕事は普通にできているように見えても、うつ病の一歩手前や
初期症状段階いるかもしれません。
これに思い当たるのであれば、
無理をするのをやめてすぐに休息をとりましょう。
この発症直前や初期症状の段階でしっかり休めば
感情をコントロールする力は比較的早く回復します。
うつ病を発症する前に治すことができます。
このまま無理を続けると、
うつ病が発症し治療に時間がかかる可能性が高くなります。
休めるときに休みましょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける