うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病対策に有効な呼吸法

3e9f116363243dc4db4fabca58bb03fa_s
ストレスを溜め込むことで心のエネルギーが低下し、
うつ病につながってきます。
そのため、ストレスから解放され心身ともにリラックスすることが
うつ病対策として有効です。
リラックスするためには、自律神経の副交感神経を活発にする
必要があります。
副交感神経を活発にする方法として、「4・7・8呼吸法」があります。
この呼吸法はアリゾナ州立大学アンドルー・ワイル博士が提唱したもので、
次のような手順で行います。
① 鼻から息を吸いながら4つ数える
② 息を止めて7つ数える
③ 8つ数えながら口から息を吐く
これを1サイクルとして4回行ってください。
慣れたら回数を増やすと良いでしょう。
この呼吸法は「くつろぎ呼吸法」とも呼ばれていますが、
内容を覚えるためには「4・7・8呼吸法」のほうが
分かりやすいですね。
最初は少し難しいかもしれません。
私は普段呼吸が浅いので、
4・7・8呼吸法を初めて試したときは
息を止めて7つ数えるのが苦痛でした。
ただ、何度かやっているうちにすぐに慣れました。
最初に鼻で息を吸う前に、
肺の中にある空気を吐き出してから行うのがポイントです。
ゆっくりと深い呼吸を繰り返すことで、
体の中に効率よく酸素を取り入れるだけでなく、
副交感神経が活発になりリラックス効果があります。
これが心の安心、うつ病対策にもなるのです。
私の場合、この4・7・8呼吸法を数回行うと
リラックスした気分になります。
イライラするときや緊張するとき、朝起きたときなどの行うと
良いそうです。
ぜひあなたも試してみてください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける