うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で仕事を休む場合、休職期間はどれくらいにするのが良いか?

495883e0dcf0f4da929a063b4b872d93_s
うつ病が発症して働けなくなった場合、
多くは会社を休職することになりますが
どの位の期間休職するのがよいのでしょうか?
当然人によって症状の重さや回復の度合いが異なるため、
何ヶ月休めばよいかも変わってきます。
でもうつ病で休職する場合、
少なくとも3ヶ月は休んだ方が良いと言われています。
この3ヶ月の休職期間をどう過ごすかについてですが、
最初の1〜2ヶ月は徹底的な質の良い休息が必要です。
投薬治療を続けながらも、
一日12時間〜15時間ほど寝て過ごすくらいがちょうどよいのです。
まずはしっかり休んで余計なエネルギーを使わないように
することです。
このひたすら寝ている期間は、
外から見ると本人にあまり変化が見られず大丈夫か心配になるかも
しれません。
しかし、外見上はただ寝ているだけに見えても、
薬の効果によりセロトニン量が増え、
感情調整機能も少しずつ回復していることが多いのです。
やがて1〜2ヶ月すると寝てばかりの状態から
少しずつ活動的になってきます。
活動的になったからといってすぐに職場復帰してはいけません。
本当に継続して活動できるようになるためには、
さらに1ヶ月ほどの期間が必要なのです。
そのため、うつ病で休職する場合は
3ヶ月は休職期間が必要なのです。
当然ながらこの3ヶ月には「少なくとも」という言葉が入ります。
ストレスを受け続けた期間や度合いなどによってうつ病の程度が
人によって異なるため、回復に必要な期間も変わってきます。
3ヶ月で仕事に復帰できる人もいれば
半年や1年以上休職が必要な人もいますので、
あなたの病状を良く知っている主治医の判断を尊重してください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける