うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で休職中にやってはいけない3つのこと

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s
うつ病で休職してしまったあなた、
きっとこれまでがむしゃらに働いてきたと思います。
もしかしたら上司のパワハラやセクハラに耐えてきたのかもしれません。
ようやく休職することができ、
自宅で療養に専念できるようになったと思います。
しかし、うつ病で休職中にやってはいけないことが3つあります。
これを知らずに行ってしまうと鬱病が悪化していまうので、
これから私が説明することをよく聞いてください。
【休職中にやってはいけないこと①:インターネット掲示板を見ること】
これまで忙しかった反動から、
休職中にやることがなくて不安になるかもしれません。
なにかうつ病を改善させるための情報がほしいと思うことでしょう。
しかし、インターネットの掲示板を見てはいけません。
なぜなら、余計に気分が落ち込み、症状が悪化するからです。
Yahoo!知恵袋などのインターネット掲示板は
匿名で自由に書込ができます。
その匿名性からか、
大の大人が罵詈雑言を吐きまくっています。
「しね」「甘えるな」「税金泥棒」
こんなこ言葉が当たり前に飛び交っています。
読んでいく内に、
まるで自分が責められている気になります。
うつ病を治すための情報がほしいだけなのに、
余計に症状が悪化する人が多発しています。
インターネットで情報を得たいのであれば、
病院や地方自治体、障害年金専門の社労士のホームページなどを
見るようにしましょう。
【休職中にやってはいけないこと②:無理に活動すること】
働くことに慣れすぎていた人ほど、
うまく休むことができません。
しかしあなたは”うつ病”という病気になって
休養が必要だから休職しているのです。
足を骨折したのに歩き回りますか?
盲腸で手術した直後に運動しますか?
虫歯を抜いた直後に食事をしますか?
うつ病で休養が必要な状態なのですから、休むことがあなたの仕事です。
休職中に無理に働こうとしてはいけません。
【休職中にやってはいけないこと③:一人で治そうとすること】
うつ病は脳の病気で、
自分の感情や気分、意欲といったものをコントロールできなくなります。
静かに療養していれば治るとは限らないのです。
まずは精神科医を頼りましょう。
適切な薬を処方してもらい、
可能であればカウンセリングを受けましょう。
また、家族や友人の理解を得るのも重要です。
理解のある人が周りにいれば、
うつ病は5倍早く治ると言われています。
あなた一人で悩んでいるのではなく、
親しい人に悩みを打ち明けてみましょう。
あなたが信頼してくれる人なら、きっと話をきいてくれるはずです。
話を聞いてもらえるだけでも気持ちが楽になるはずです。
以上がうつ病で休職中にやってはいけない3つのことです。
インターネット掲示板を見ること
無理に活動すること
一人で治そうとすること
これらを行ってしまわないように注意してください。
あなたが早くうつ病から回復し、社会復帰できることを願っています。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける