うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ブログ

【シリーズ誤解③】病院の相談員は障害年金に詳しい

心療内科や精神病院であれば、障害年金の相談に対応できる相談員もいます。 ただし、年金制度全般の専門知識は乏しく、病気そのものの相談や料金の滞納問題に追われていて

【シリーズ誤解②】医師に相談すれば積極的に障害年金の相談にのってもらえる

障害者手帳をお持ちの方であれば、障害認定の診断書を依頼したときの医師の対応から、医師は積極的に協力してくれる頼りになる 専門家という印象をもっているかもしれませ

【シリーズ誤解①】年金事務所に聞けば障害年金受給のアドバイスをもらえる

年金事務所は、障害年金の請求を受けて審査をする役所です。 そして、役所はみんなに公平でなくてはならないというのが一般的ですよね。 そのため、「あなたやご家族が障

障害年金と聞いて、受給することに遠慮してませんか?

「障害年金って生活保護と似たようなものでしょ?国に面倒を見てもらうのはちょっと・・・」 というようなことを言われることが度々あります。 確かに、生活保護の不正受

障害年金の制度は周知されていない

公的年金ってどういう人がもらえるの? と聞くと、ほとんどの人が「65 歳(60 歳)になったら国からもらえる」と答えます。 最初に障害年金について答える人には出

障害年金といえば身体障害だけでうつ病ではもらえないという思い込み

障害年金の対象者と聞いて思い浮かぶのは、 視覚障害や肢体障害などの身体障害ではないでしょうか。 僕らが障害年金のイメージについて周囲に質問しても、 ほぼ100%

そもそも、障害年金って何?

障害年金とはどういったものなんでしょうか。 私たちは、20 歳になると国民年金に、働き始めると厚生年金(短期 のアルバイトなどは除く)といった年金制度に加入して

働いていても障害年金をもらうことができるか?

働いていても障害年金をもらうことができるか、 あるいは、すでに障害年金を受給しているが働き始めると年金がもらえなくなるのか という質問をよく受けます。 結論とし

うつ病と障害年金のブログ、はじめました!

全国障害年金パートナーズの宮里竹識です。 タイトルにもあるとおり、ブログをはじめました。 今回が第一回です。 日本ではうつ病で悩んでいる人が全国で約100万人い

1 273 274 275 276 277 278